石川県 金沢市 葬儀のことなら「一式一館」のシオタニにおまかせください。

ご葬儀をなさる方へ

事前に準備しておきたいもの

事前に準備しておくとよい事柄をリストアップしました


①認印

死亡届の提出手続きは、お忙しいご遺族に代わりほとんどの場合、弊社が代行させていただいております。 その際、訂正印や捨印のために、届出人( 喪主を勤められる方の場合が多いです)の認印が必要になるため、スタッフがお預かりすることとなります。
なお、公的書類のため、浸透印(シャチハタ等の)は使用できません。また、重要な判子(銀行印・実印等)はお避け下さい。

②写真

御遺影写真を作成するために必要な御写真です。
あらかじめ候補を何枚か選んでおくと、いざという時に慌てて探さずに済みます。
御遺影写真は後々まで残るものですから、その方らしいものを選んであげてください。
もしも可能なら、御本人の気に入っているものにされても良いでしょう。

最近は事前に思い出DVD を作製している方もいらっしゃいます。ご希望の方はスタッフまでお申し付け下さい。

~写真選びのポイント~

  • 絹目調の写真は避ける。(完成時の網目の映り込みを避けるため)。
  • 傷や汚れが少ないものをご用意下さい。
  • お顔が大きくはっきりと写っているもの。

③手続きに必要な現金

御葬儀の打ち合わせの際に、「火葬料金」、「待合室使用料金」等、役所に収める現金をお預かりいたします。
具体的な料金については、場合により異なりますので、弊社までお尋ね下さい。

④本籍の確認

死亡届に故人様と届出人様の本籍地を記入致します。
事前に把握していれば、その場で慌てて調べずに済みます。

⑤おおまかな参列者の把握

訃報連絡をするお身内、ご親戚の方の把握。
おおまかな参列者数の把握。(会葬礼状作成数の目安になります)

⑥副葬品の御用意

「副葬品」とは、御柩の中にお入れする想い出の品のことです。
御本人の趣味の道具、洋服、写真や、皆さんからの手紙など、ご準備いただくと、いざというときに思いつかず、後悔するような事態を避けられます。

※ただし、お入れする事のできないもの(燃えないもの等)もございますので、御注意下さい。燃えるものの中にもお入れする事ができないものもございますので、御不明な点は弊社までお尋ね下さい。

⑦本人様の念珠(数珠)

故人様を御安置する際、その手に念珠(数珠)をお掛けします。
よろしければ、御本人の念珠(数珠)をご用意下さい。
ただし、お掛けしたものは故人様と一緒に火葬されます。形見として残しておかれたい場合やお持ちでない場合には、弊社でご用意することも可能です。
※宗教、宗派によって違う場合もございます。

⑧法名(戒名)の確認

御生前のうちに法名(戒名)を頂いているかどうか?
頂いていない場合、菩提寺の御僧侶に依頼する必要があります。
頂いている場合には、その旨を御僧侶にお伝えください。

このページのトップに戻る

 ※ホームページに掲載されている価格には、消費税は一切表記しておりません。ご了承ください。